OSSを活用し、低価格で実現する購買管理システム ~在庫管理、調達管理から、下請法対応まで~

2015年9月24日 木曜日


ITtera-20151015

低価格で業務システムを構築できると注目されている、オープンソースERP「iDempiere(アイデンピエール)」ですが、購買管理システムとして利用するケースも少なくありません。

 

今回は「購買管理」にフォーカスして、iDempiereのご紹介とデモンストレーションを行います。

 

実際の業務の流れに沿ってデモンストレーションを行いますので、iDempiereがどのようなものなのか、イメージして頂けると思います。

 

本セミナーの対象者

 

・購買管理業務のご担当者

本セミナーに参加するメリット

・オープンソースの統合業務システム(ERP)である「iDempiere」についてご紹介します。
・実際の業務の流れに沿ってデモンストレーションを行いますので、iDempiereがどのようなものなのか、イメージして頂けると思います。
・iDempiereで購買管理業務をどうシステム化するのか、iDempiereのメリットは?などを解説します。

オープンソースERP「iDempiere(アイデンピエール)」とは

「iDempiere(アイデンピエール)」とは、購買管理、在庫管理、販売管理、生産管理、会計管理、顧客管理など、一連の業務機能が既に実装されている、無料で使用できるオープンソースのERPです。
ターゲットは、中小~中堅規模の企業です。グローバル対応(多言語、多通貨)されており、大手企業の海外拠点などでも利用実績があります。
Compiere → ADempiere → iDempiereと、バージョンアップされてきたソフトウェアです。

 

OSSを活用し、低価格で実現する購買管理システム ~在庫管理、調達管理から、下請法対応まで~

なぜiDempiereなのか

1つの理由はやはりコスト削減効果です。オープンソースであるため、ライセンス費用がかかりません。これにより、競合他社の中堅企業向けERPパッケージと比較した場合、半分以下のコストで導入が可能です。 もう1つはカスタマイズ容易性です。商用製品のERPはカスタマイズが難しく、またできたとしても高額になるケースがあります。iDempiereであれば、専用のツールなども充実しており、簡単にカスタマイズが可能です。  

今回は「購買管理」にフォーカス

今回は、見積依頼、発注、納品、検品、在庫管理などの、購買管理の業務にフォーカスして、iDempiereのご紹介、及びデモンストレーションを行います。  

下請法対応も

カスタマイズにはなりますが、どのように下請法に対応するかといったポイントについても、少しだけご説明致します。  

アイティテラとは

株式会社アイティテラは、オープンソースの統合業務システム(ERP)「iDempiere」について、日本で最初にユーザ企業に導入するなど、積極的にiDempiereの普及に努めてまいりました。他にも、「vTigerCRM」、「Pentaho」などのオープンソースについても導入を行っています。  

少人数セミナーです。今すぐお申込みを!

プログラム:2015/10/15(木)

15:15~15:30 受付

15:30~16:15 iDempiereで実現する購買業務とデモンストレーション

16:15~16:45 質疑応答、アンケートなど

16:45        終了

 

主催 株式会社アイティテラ

協力 株式会社オープンソース活用研究所

※競合企業、IT企業様、個人参加の場合はご遠慮頂くことがあります。ご了承願います。

※ご登録頂いた個人情報は、共催、協力企業にて共有し、各社の規定に基づき厳重に管理致します。

 

 

  OSSを活用し、低価格で実現する購買管理システム ~在庫管理、調達管理から、下請法対応まで~