全国の営業情報を統合管理し「見える化」する方法(OSSのCRM「vTigerCRM」、OSSのBIツール「Pentaho」活用事例)

2015年8月14日 金曜日


ITtera-20150626-2

 

オープンソースのCRMである「vTigerCRM」と、オープンソースのBIツール「Pentaho」を使って、代理店を含めた全国営業情報を統合管理し、「見える化」した事例をご紹介します。

本セミナーの対象者

・顧客や代理店、商談を管理したい方
・CRM、SFAの導入をご検討中の方
・BIツールの導入をご検討中の方
・オープンソースを活用し、リーズナブルにシステムを導入したい方
※技術的な話しよりも、導入事例のご紹介が中心です

本セミナーに参加するメリット

・オープンソースのCRMである「vTigerCRM」について理解することができます。
・オープンソースのBIツールである「Pentaho」について理解することができます。
・事例の1つとして、代理店を含めた全国の営業情報を統合管理し「見える化」した事例を知ることができます。
・代理店ビジネスを展開されている方には特に参考になると思います。
・オープンソースの統合業務システム(ERP)である「iDempiere」についても、簡単にご紹介します。

事例の特長

・代理店が顧客に対して行う営業活動が管理・共有されておらず、本部から見えない状態でした。これをvTigerCRMを導入するこで見える化しました。
・また、本部が代理店に対して行う営業活動も合わせて、統合管理しました。
 これにより、地区毎、代理店毎の営業活動のばらつきが見える化され、行うべきアクションが明確になりました。
・代理店に対するクレームも統合管理し、本部から見えるようにしました。これによりクレームへの対応を迅速化しました。
・オープンソースのCRMである「vTigerCRM」を採用し、かつアイティテラが独自に開発したvTigerCRMのアドオンモジュールも採用することで、低コストでシステムを導入することができました。

・オープンソースのBIツールである「Pentaho」も活用し、地区毎、代理店毎の営業状況や実績、クレーム件数の推移などもわかりやすいチャートで表示できるようにしました。

 

全国の営業情報を統合管理し「見える化」する方法(OSSのCRM「vTigerCRM」、OSSのBIツール「Pentaho」活用事例)

 

アイティテラとは

アイティテラは、2010年よりvTigerCRMを活用したシステムの開発を行っており、これまでに多くの企業に導入させていただいております。 また、カスタムモジュールの開発や海外の有料モジュールの代理販売と日本語化などの活動も行っており、日本におけるvTigerCRMの市場をリードしてきました。 さらに、オープンソースの統合業務システム(ERP)「iDempiere」についても、日本で最初にユーザ企業に導入するなど、積極的にオープンソースの導入を行っています。 オープンソースのBIツール「Pentaho」についても、vTigerCRMやiDempiereとの組合せによる活用を中心に推進しております。

★少人数セミナーです。今すぐお申込みを★

プログラム  2015/9/2(火)

15:15~     受付

15:30~17:30 vTigerCRM/Pentaho 事例紹介

16:30~17:45 質疑応答

16:45       終了

   

主催 株式会社アイティテラ

共催 株式会社オープンソース活用研究所

※競合企業、IT企業様の場合はご遠慮頂くことがあります。ご了承願います。

※ご登録頂いた個人情報は、主催、共催、協賛企業にて共有し、各社の規定に基づき厳重に管理致します。

 

全国の営業情報を統合管理し「見える化」する方法(OSSのCRM「vTigerCRM」、OSSのBIツール「Pentaho」活用事例)