圧倒的コスパで企業のニーズに応えるオープンソースERP、iDempiereとは 4-3

2015年2月20日 金曜日


iDempiere最新情報

SUMMARY

  • iDempiere導入で、ランニングコストが以前の商用ERP製品の半額になった
  • オープンソースのプラットフォーム上にiDempiereを構築し、ミドルウエアおよびライセンス費用が不要になった
  • 企業の固有の課題を、オープンソースの強みを生かしたきめ細かいカスタマイズで対応

 

iDempiereは、圧倒的なコストパフォーマンスを発揮しながら企業固有のニーズに応える、オープンソースERPです。中小企業のさまざまな課題を解決するiDempiereの柔軟性を、導入事例を交えてご紹介します。

 

ランニングコストが商用製品の半額になった、iDempiere導入事例

 

それでは、実際にiDempiereを導入された企様の事例をご紹介します。

企画製造販売A社様(従業員数300名)でのiDempiere導入事例をご紹介します。A社の基幹ERP再構築プロジェクトにおいてiDempiereを導入し、ランニングコストが以前のシステムの半額になりました。

 

A社様は、ジュエリーの製造・販売を行い、海外含め70店舗を展開されている業界のリ

ーディングカンパニーです。iDempiere導入以前、A様では国産メーカーの商用販売管理パッケージと市販の会計・人事給与パッケージを活用されていましたが、保守切れの時期を迎えてシステムリプレースを検討していました。

 

iDempiere導入以前、A社様は、次のような課題を抱えていました。

 

-国産メーカーの商用販売管理パッケージはカスタマイズ費用が高額なため依頼できなかった。社員から上がってくる固有のニーズに対しては、担当者がPHPで手作りに近い外部システムを作って対応するしかなかった。

 

-新たな店舗を開店するたびに、高額な追加ライセンス費用と設定費がかかっていた

 

-システムはオンプレミスで運用していたため、ネットワーク障害時に高額な費用を支払わなければらなかった

 

-売上レポートは既存システムのデータをSQLで抜き、そのつどExcelで作成していた

 

オープンソースのプラットフォーム上にiDempiereを構築し、ライセンス費用が不要に

 

A社様の課題に対して、アイティテラは、次のような提案を実行しました。

 

-オープンソースベースで、なおかつ継続利用が可能なERPシステムを構築した。入力系I/Fの改善と、既存の市販パッケージとの連携を行った。

 

-外部システムの機能もiDempiereに取り込み、ERPシステムを一元化した

 

-無償で使えるオープンソースのプラットフォーム(CentOS、PostgresSQL、Tomcat)上にiDempiereを構築することで、ミドルウエアおよびライセンス費用がいらなくなった

 

-Webベースでシステムを構築し、パソコンとバーコードリーダーだけで利用できるようにした

 

-メインで利用する画面は、システムに詳しくない店舗販売員でも入力が簡単なインタフェースにカスタマイズした

 

-仕訳データは、既存の会計パッケージと連携させた

 

-クラウドPaasサービスを使用することで、サーバ費用を抑えた

 

-無償のオープンソースのBIも導入し、必要なデータをその都度加工し、Excel出力も可能にした

 

企業固有の課題を、オープンソースの強みを生かしたきめ細かいカスタマイズで対応

 

iDempiere導入の効果は次ようなものです。

 

-ランニングコストがクラウドPaas費のみであるため、安価な上にサーバ運用からも解放された

 

-Webブラウザベースであるため、新しいシステムへの切り替えもスムーズに行うことができた

 

-ライセンス費用のかからないオープンソースであるため、店舗の開店時に追加ライセンスを購入する必要がなくなくった。

 

-会計、人事給与については既存のパッケージソフトを継続利用し、iDempiere側も簡単なUIにしたことで、実際にシステムを使う担当者の方に違和感がなく、システム利用のためのトレーニングも削減できた。

 

-カスタマイズに注力したことで、他システムで運用していた機能(タグ発行)の取り込みをはじめ、多くの現場の声をシステムに反映することができた。

 

-オープンソースBIを導入したことで、随時依頼される統計データは、担当者自身で加工したり、出力できるようになった

 

- サポートに関しては別途、「定額保守サービス」を契約することで、プログラム修正も含めた依頼を行えるようになった。「定額保守サービス」とは月次に定めたサービス時間数で

 

SEのサポートを受けるサービスであり、作業内容にはFAQのような相談以外にプログラム改修も含まれる。

 

下記の表が、商用ERP製品とiDempiereのランニングコストの比較です。運用後5年間のランニングコストを比較すると、ほぼ半額になりました。

 

news idempiere new   圧倒的コスパで企業のニーズに応えるオープンソースERP、iDempiereとは 4 3

iDempiere最新情報

 

 

 

iDempiere の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

 

iDempiere についてもっと知りたい方は、こちらへ