中小企業の課題を解決するオープンソースERP、iDempiereとは? 5-4

2015年1月23日 金曜日


iDempiere最新情報

SUMMARY

  • 業務システムから開発フレームワークまで、iDempiereの活用範囲は幅広い
  • iDempiereは、100種類の多言語、170種類の多通貨に対応している
  • iDempiereのレポートは、開発者向けとパワーユーザー向けに複数用意されている

 

業務の課題は、企業の数だけ存在します。生産管理、販売管理、在庫管理など中小企業の抱える業務上の課題に対して最適なソリューションを提供するオープンソースERP(業務システム)、 iDempiere (アイデンピエレ)活用セミナーの模様を、5回シリーズでご紹介します。

 

業務システムから開発フレームワークまで、多岐にわたるiDempiereの活用方法

 

これまでご紹介してきたように、iDempiereは、会計ソフトや業務ソフトより一歩進んだ上位システムを必要とする中小~中堅規模の企業様、そして大手企業の海外拠点様などにご活用いただいています。

 

購買、在庫、販売、生産、会計、顧客などの一連の業務管理が実装されたオープンソースのERP(業務システム)という性格上、活用方法は多岐にわたります。ERP全体を採用するのか、あるいはiDempiereの一部分の機能だけを使うのかは、企業様のニーズによって異なります。

 

iDempiereは、歴史のある、そして拡張性に優れたオープンソースです。他のオープンソースとの連携が可能で、企業固有のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

 

また開発フレームワークが充実しており、新規の画面やデータベースも簡単に追加することができます。iDempiereのフレームワークを活用することで、短期間でスクラッチのアプリケーションを開発したという事例もあります。

なかには業務システムとしてだけではなく、業務の進捗状況を確認するプロジェクト管理のような使い方をされている企業様もいらっしゃいます。

news idempiere new   中小企業の課題を解決するオープンソースERP、iDempiereとは? 5 4

iDempiere最新情報

100種類の多言語、170種類の多通貨が用意されている iDempiereのグローバル対応

 

ここからは、iDempiereの特徴的な機能をご紹介します。

 

まずは、グローバルで活用できる機能です。

 

-多言語対応

 

iDempiereには、100を超える言語が設定されています。XML形式の翻訳ファイルがあれば、ログイン時に言語選択をすることで、それぞれの言語によるUI表示が可能です。

 

-多通貨対応

 

iDempiereには、170を超える通貨が登録されています。レート登録を行えば、すぐに外貨取引を行うことができます。複数のレート登録も可能です。

仕訳データには、(会計基準ごとに設定できる)会計通貨と取引通貨、この二種類の通貨情報を保持しています。

 

-複数会計基準への対応

 

iDempiereでは、日本の会計帳簿と国際基準用の会計帳簿といったように、複数の会計帳簿を作成できます。

たとえば、アメリカでは財務会計、勢会計、管理会計といったように、目的別に会計帳簿が複数存在しますので、この機能によって、グローバルで会計帳簿が活用できるのです。

 

-グローバル消費税処理対応

 

付加価値税や営業税など、世界各国の消費税に類似する税金でも活用できるよう設計されています。

 

職責で管理されているiDempiereの権限管理・ログ管理

 

-権限管理

 

iDempiereの権限は職責(Role)で管理されており、職責を利用者に当てはめる仕組みになっています。職責には、業務メニューやデータのアクセスが許可される組織(Organization)も設定できます。

 

-ログ管理

 

職責やテーブルごとに、ログを管理できます。

 

複数用意されているiDempiereのレポート

 

iDempiereは、複数のレポートにも対応しています。

 

-レポートエンジン(開発者向けレポート作成ツール)を使用したレポート作成

 

管理と分析のためのデータを一覧表示する「一覧レポート」と「定型レポート」を作成することができます。レポート作成のために、プログラムの必要はありません。

 

-会計レポート(パワーユーザー向けレポート作成ツール)

 

仕訳データをもとに財務部、経理部のパワーユーザがレポートを作成できる簡易レポート作成ツールです。財務諸表としてBS、PL、CFの作成のほか、管理会計の多次元分析のレポートも作成できます。

 

そのほか、iDempiereはJaspersoftとも連携できますので、Jaspersoftを活用したレポート作成も可能です。

 

 

iDempiere の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

 

iDempiere についてもっと知りたい方は、こちらへ