中小企業を成長させる業務システム、iDempiereの機能と導入事例 2-2

2014年12月19日 金曜日


iDempiere最新情報

SUMMARY

  • 大手ベンダー製品からiDempiereへ業務システムを乗り換えて、トータルコストが3分の1に削減
  • iDempiere入力画面にユーザビリティを考慮したプラグインを採用
  • iDempiere導入後の不安要素は、IT-teraが責任をもって対応

 

中小企業向け業務システムとして注目を集めるオープンソース業務システム、iDempiere(アイデンピエレ)の基本機能と、iDempiereを実際に導入した企業の成功事例についてのセミナーの模様を、シリーズでご紹介します。

 

国産大手ベンダー製品からiDempiereへの乗り換えで、トータルコストが3分の1に削減

 

それでは、国産大手ベンダー商用製品からiDempiereへ乗り換えて、システムに関わるトータルコストを3分の1に削減したA社様の導入事例についてご紹介します。

 

今回ご紹介するのは、中堅ジュエリー・アクセサリー製造・販売会社A社様です。A様社は、主にカップル向けのジュエリー、アクセサリーを強みとする、業界のリーディングカンパニーです。A社様は、既存システムが老朽化しているなか、内部統制強化の必要性に迫られていました。

言い換えれば、これまでの問題点を洗い出し、業務システムを刷新する好機でもあったのです。

 

iDempiere導入前、A社様が抱えていた課題とはどのようなものだったのでしょうか?

導入後、どうして、トータルコストが3分の1という圧倒的な低コストが実現したのでしょうか?

 

かつてA社様が利用していたのは、国産大手ベンダーさんの商用パッケージによる受発注システムでした。当時、ランニングコストが大きな負担になっていたそうです。

 

業務システムには、導入後にも改変が求められます。改変と言っても、レポートを出したり、使い勝手を改善をしたり、ちょっとしたシステムの修正です。大手ベンダーさんのシステムを利用していたときは、そういう日常的な改変のたびごとにサポート費用が発生し、その金額は、総額で何百万にものぼることがあったそうです。

 

このベンダーさんも含めた6社の競合コンペを経て、結果的にiDempiereを採用していただくことになりました。いちばんの決め手は、やはりコストパフォーマンスでした。

繰り返しになりますがオープンソースのiDempiere自体は無料であり、ソースコードも公開されているため、日常的な修正はA社の情報システム部の方がご自身で行えるようになったのです。その結果、ランニングコストが大幅に削減されました。

 

IT-teraでは導入後のサポートも有償でお手伝いさせていただいていますが、それを加味しても、導入、運用を含め、トータルコストが3分の1削減されたという評価をいただきました。

 

OSSなら、他のシステムとの連携もスムーズ

 

現在A社様のiDempiereは、本社および海外を含む店舗ユーザー約400名の方にお使いいただき、365日毎日稼動しています。

 

実際のシステムは、図表のような構成になっています。

news idempiere new   中小企業を成長させる業務システム、iDempiereの機能と導入事例 2 2

iDempiere最新情報

 

サーバ(CensOS)にApacheとJavaを導入後、iDempiere(アイデンピエール)とPostgresSQLを導入しています。

iDempiereではOSGiの実装に伴い、軽量なTomcatを使用しています。これによって、サーバの起動がかなり高速化されています。

 

業務システムを中心にして他システムとの連携も行っています。請求・支払いについては会計パッケージ、従業員データは人事パッケージ、そして売上のデータ集計には Pentaho を利用しています。このあたりも、オープンソースだからこそ可能なシームレスな連携になっています。

 

またユーザビリティについても、考慮しました。A社様は、店舗販売が売上の主流を占めています。つまり実際にシステムを利用するのは本社や店舗のスタッフになるわけです。実際に業務システムを扱う方々のユーザビリティを考慮して、入力系画面をプラグインで追加しました。

 

気になる点は、IT-teraがサポート

 

最後に、iDempiereの気になる点についても、あえてご紹介したいと思います。

企業様のご不安について、IT-teraとしては、次のような提案を行っています。

 

-日本語のドキュメントが少ない

⇒IT-teraでは常に検証、調査を行っており、随時、情報をご提供します。

 

-ソフトが国産でないため、UIに違和感がある

⇒カスタマイズを行い、より快適なユーザービリティ環境をご提供します。

 

-標準に不具合があっても、コミュニティにしか頼れないのが不安

⇒ 無料の開発環境がありますので、検証した上で改変が可能です。

 

ご参考までにiDempiereの関連サイトもご紹介します。

 

iDempiereプロジェクトサイト

www.idempiere.org/

 

iDempiereソースコード管理

http://bitbucket.org/idempiere/idempiere

 

iDempiereフォーラム

https://groups.google.com/forum/#!forum/idempiere

 

国産ではない業務システムということで、少なからず不安が残る部分もあるかとは思いますが、そのあたりはIT-teraが責任をもってフォローさせていただいています。国産大手ベンダーからiDempiereへの乗り換えをしていただいたA社様からも、運用後のサポートについても評価をいただいております。

 

ご質問、お問い合わせなどありましたら、お気軽にお寄せください。

 

 

iDempiere の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

 

iDempiere についてもっと知りたい方は、こちらへ