【iDempiere 関連用語集】システム開発の手法 » (3)アジャイル開発

2014年10月10日 金曜日


iDempiere最新情報

アジャイル開発とは、反復 (イテレーション) と呼ばれる1~4週間の短い開発期間単位を採用することで、リスクを最小化する開発手法。

考え方としてはPDCAサイクルにも近い。すなわち、計画(Plan)→実行(Do)→評価(Check)→改善(Act)の 4 段階を繰り返すことによって、仕様書の完成度よりもコミュニケーションを重視しながら、完成形に近づくというスタイルである。

アジャイル型開発のバリエーションは広く、プロジェクトごとに、さまざまなシチュエーションに応用できる。

※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

 

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート

/support