【iDempiere 関連用語集】システムづくりのポイント » (2)要件定義

2014年9月30日 火曜日


iDempiere最新情報

要件定義とは、導入するシステムを実際に利用する部門のニーズを理解し、新しいシステムの機能/要件を決定する工程。このフェーズで、システム開発プロジェクトの成否が決まる、とも言われる。

要件定義では「ニーズを具現化」するために、企業/部門のビジネスモデルを把握し、業務全体の流れを業務フローと業務記述書によって文書化する。

このフェーズでは、検討している仕様に矛盾がないかどうかを確認する。つまり要件定義を行いながら、いかに次のステップである外部設計をイメージできるかがポイントとなる。

※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

 

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート

/support