【iDempiere 関連用語集】在庫管理 » 医薬品業の在庫マネジメント

2014年9月23日 火曜日


iDempiere最新情報

医薬品業の在庫マネジメントは、ロット管理がポイントとなる。製品単位(ロット)ごとに管理することは、取り扱う製品の性質上、厳密な管理が求められるためである。

医療用医薬品、一般用医薬品ともに、それぞれを扱うメーカー、卸、薬局、病院など、すべての流通経路で在庫マネジメントが必要となる。

―医薬品メーカー

「原材料」「包装資材」「製品」に重点を置いて、管理する。

―卸売

基本的には他業種の卸売業と同じだが、医薬品業界特有の「貸出品管理」と「預け/預かり品管理」が必要となる。

―病院・診療所

「倉庫在庫」「調剤室在庫」「病棟在庫」「外来在庫」などの定数を設定して、定期的に補充する。

―調剤薬局

多店舗展開している調剤薬局では、レセプトコンピュータ(診療明細発行機)を連動させることで出庫量を把握し、適正在庫をマネジメントする。

※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

 

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート

/support