【iDempiere 関連用語集】在庫管理 » アパレル業の在庫マネジメント

2014年9月22日 月曜日


iDempiere最新情報

アパレル業界における在庫は、カラー、サイズ、柄で管理されるのが一般的である。在庫マネジメントに取り組む際には、次のような課題があげられる。

―商品点数が多い

―商品ライフサイクルが短い

―ニーズが変わりやすい

―商品企画から販売までの期間が長い

―店頭の販売状況の把握が難しい

―日本特有のあいまいな商習慣が存在する

―アパレル在庫と物流はメーカー主導で行われる

近年、アパレル業界では、SPAの台頭が目立つ。SPAとは、服飾品の企画から製造、物流、プロモーション、販売までを一貫して行う業態である。

店舗がアパレルメーカーの仕入商品を販売するこれまでの流通様式では、売れ残りのリスクを回避するために委託仕入や消化仕入といった特殊な取引形態がまかり通っていた。これに対して、アメリカのGAPや日本のユニクロに代表されるSPAは、統一したコンセプトのもとで自社開発の商品・ブランドを品揃えしている。

SPAのように企画から販売までトータルに行うことができれば、生産管理、在庫管理、販売管理の3部門の情報をシステムで共有でき、従来の委託販売と比べ生産リードタイムを短縮し、不良在庫と機会損失を大幅に削減することが可能となる。

※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

 

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート

/support