【iDempiere 関連用語集】在庫管理»食品業の在庫マネジメント

2014年9月19日 金曜日


iDempiere最新情報

食品業の在庫は、生鮮食品、冷蔵食品、ドライ食品、冷凍食品に分類される。分類ごとに、適切な保管と物流を適用することがポイントとなる。

 

野菜、果物、鮮魚、精肉などの非加工品である生鮮食品は生産計画が立てにくく、長期保存ができないため、一般には市場や通過型物流センター経由で届けられる。小売店以外では在庫を持ちえない。

 

弁当、サンドイッチ、ハム、チーズなどの冷蔵食品は、売上予測、生産計画ともに予測や計画が立てにくいため、予測精度をあげるためにシステムの導入が有効となる。

 

缶詰、乾物、飲料などのドライ食品は、常温保存が可能なため「賞味期限管理」「入/出荷期限管理」とともに在庫マネジメントが可能となる。

 

輸入肉、加工冷凍食品などの冷凍食品は、マイナス18度以下の冷凍状態下での在庫管理を必要とする。



※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート 

/support