【iDempiere 関連用語集】在庫管理»小売業の在庫マネジメント

2014年9月18日 木曜日


iDempiere最新情報

小売業の在庫は、すべての小売業に共通する店舗在庫と、大型小売業が抱える配送センター在庫にわけられる。在庫マネジメントの基本は、店舗在庫を迅速に把握しながら、POS販売データをいかに活用するかがポイントとなる。

 

小売業は、消費者に直接販売する立場にあり、需要予測がもっとも難しい業種といえる。たとえば在庫管理の先端を行くコンビニエンスストア業界では、商品別在庫と商品別売上の把握をリアルタイムで行い、さらには気象条件やイベントなどを加味して、仮説を立てながら発注数を決めていく。

小売業の在庫管理は、定番商品と特売品、大量補充商品や季節商品など、また、販売方法や商品の性格によって発注方法や管理方法が大きく異なる。

ただし小売業の販売データや在庫データは、すべての業種において貴重な情報源となるため、小売業の在庫管理能力の向上は重要なテーマとなる。



※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート 

/support