【iDempiere 関連用語集】在庫管理»製造業の在庫マネジメント

2014年9月16日 火曜日


iDempiere最新情報

製造業における在庫は、原材料と製品が異なることが特徴となる。さらに、その工程に仕掛品と半製品も存在する。製造工程上にある在庫としての仕掛品や、半製品在庫の存在を意識することが、マネジメントのポイントとなる。在庫管理は製造業にとっての永遠のテーマとも言われ、在庫が思うようにコントロールできないのは、組織の枠を超えた管理が難しいところにも起因する。

 

在庫マネジメントは、生産管理システムとの関連性で実現する。

 

仕掛在庫の削減には、「小ロット化」、「リードタイムの短縮」、「JIT(かんばん方式)などが有効となる。一方、原材料や部品の適正な在庫を維持するためには、それぞれのタイムリーな納期がわかる「MRP方式」が向いている。

 

これら生産管理方式を併用することで、有効な在庫マネジメントが可能となる。また商品の特性に合わせて、さまざまな需要予測手法を適用することも必要となる。



※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

iDempiereとは

/about

iDempiere導入・サポート 

/support

 

参考:「SEがはじめて学ぶ在庫管理」日本実業出版社