【08/07 iDempiere 導入事例勉強会】3 iDempiereとは ≫多言語、複数通貨に対応し海外に強い。

2014年8月28日 木曜日


iDempiere 最新情報

テーマ:アイティテラは、なぜ他社の半額の提案ができたのか?

~オープンソースERP「iDempiere」本格導入事例 勉強会~

スピーカー:株式会社アイティテラ 取締役営業管理部長  武山 克徳

———————-

「iDempiereは、販売、購買、在庫、会計管理、レポート出力など、ERPとしてのひととおりの機能を備えています」

 

「iDempiereの機能的な特徴として、グローバル対応があります。多言語、複数通貨に対応しているため、海外取引やグローバル拠点とのやりとりなどにご活用いただけます。」

 

「またレポートについては、標準のレポートに加えて、JasperPeportと連携した帳票出力が可能となります。JasperReportsでは、iReportsを使用したGUIによる帳票作成ができます。」

 

「ただし、生産管理については、 標準で組み込まれているのが、会計ベースのManufacturing Liteとなります。より高度な生産管理が必要な場合は、別途、プラグイン(Libero Manufacturing)を追加していただくことになります」

 

「人事給与管理についても、現状では、プラグインとしての開発が進んでいるところです。」