【08/07 iDempiere 導入事例勉強会】2 iDempiereとは ≫100%Javaで開発されたOSS

2014年8月27日 水曜日


iDempiere 最新情報

テーマ:アイティテラは、なぜ他社の半額の提案ができたのか?

~オープンソースERP「iDempiere」本格導入事例 勉強会~

スピーカー:株式会社アイティテラ 取締役営業管理部長  武山 克徳

———————-

 

「iDempiere(アイデンピエレ)の特徴をご紹介します」

 

「まず、iDempiere最大の特徴は、100パーセントJavaで開発されたオープンソースということです。つまりJavaを知っている方であれば、自由にカスタマイズしていただくことが可能です。」

 

「またOSGiが実装されていますので、システムとしてだけではなく、プラグインとしてお使いいただくこともできます。」

 

「プラットフォームとしては、Linux、PostgresSQLなどのOSS上で稼働します。商用ライセンスなどの費用が必要なく、基本的には無償の環境でお使いいただけます」

 

「iDempiereでは、APサーバに軽量のTomcatサーバを搭載しています。ADempiereの時代から比べるとメモリの使用量が大幅に改善され、軽快な使用感をお楽しみいただけます」

 

「iDempiereは、昨今のトレンドに合わせてWebブラウザで動きます。もちろんJavaSwingのUIもありますので、お使いいただく際にお選びいただくことができます。」

 

「実際のiDempiereの画面は、標準では図表のようになります。

後ほど、弊社のカスタマイズした画面で、詳しくデモンストレーションさせていだたきます。」