【iDempiere 事例>中堅ジュエリー企業】3 大手ベンダーから提出されたケタ違いの見積

2014年7月23日 水曜日


iDempiere導入事例

【Q】なぜオープンソースのiDempiere(アイデンピエール)を導入したのでしょうか?

 

【A】当社の上層部は、「携帯はドコモ」「野球は巨人」という王道、直球が好きなんですね(笑)。だからシステムも、はじめは大手ベンダーにお願いしたわけです。しかし株式公開に合わせたシステムにバージョンアップするため、大手ベンダーに見積を依頼したところ、数千万から億単位の見積が出てきたんです(笑)。

それまでもシステムの仕様を変更したり、新店舗の出店ごとに、10万~100万単位で見積が届いてはいたんですが。当然、社内的には「高すぎる」という声があがりました。

そもそも僕個人は、大手のパッケージシステムよりも、オープンソースにシンパシーを感じていたんですよ。だからその時、オープンソースという選択肢がひらめいたんです。

当時はiDempiereというシステム自体は知りませんでしたが、まずは、「オープンソース」というキーワードでネット検索をするところからはじめました。