【iDempiere 関連用語集】会計システムの課題>会計制度による変更

2014年7月2日 水曜日


消費税とビジネス

「会計制度による変更」とは、会計基準の変更や税制の変更など外部環境の変化を指す。

消費税率変更のような大きな税制変更では、自動化会計システムも変更を余儀なくされる。
つまり自動化システム導入前に「税率変更に対応できるシステム」にするか、「プログラムを変更する必要があるシステム」にするかを判断する必要がある。
また基準変更を自動化システムで対応すべきかどうかも、判断材料となる。大量データの反復処理には自動化が功を奏すが、数年に1度の取引であればシステム化の必要はない。

 

※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

iDempiereとは

iDempiere導入・サポート