【iDempiere 関連用語集】会計システムの課題>決算早期化

2014年7月1日 火曜日


iDempiere最新情報

「決算早期化」とは、情報開示など外部要因と管理上の必要性という内部要因によって、決算を早期に進めることを指す。

 

決算の早期化を妨げる要因として、次のような問題が考えられる。

-請求書、検収通知の遅延

-締めの業務が月初などに集中する

-入金、売上などの経理調整処理に時間がかかる

-承認などのチェックに時間がかかる

-システム間の連携が悪い、性能が遅い

 

このような要因から浮かび上がるのは、企業内部での運用面での課題である。決算作業のプロセスを分析し問題となっている業務を洗い出す、つまり決算体制の整備が必須となる。

 

※ 本記事は会計業務に関する一般的な内容であり、iDempiereの機能とは直接的な関係はありません。

iDempiereとは

iDempiere導入・サポート