コストパフォーマンスにも優れたiDempiere(アイデンピエール)

2014年6月3日 火曜日


time or money. work life balance

会計、販売など業務別の個別ソフトをEPRと比較すると、やはり、その安価さが魅力となるでしょう。

統合システムであるEPRは、

どうしても高額なイメージがあります。また運用時にも、EPRのようなシステムは、その中身がブラックボックスであり、問題が起こった際に追加費用が発生するかもしれなという心配もつきまといます。

オープンソフトのiDempiere(アイデンピエール)であれば、そういった問題もオープンになります。

導入まではオープンソースならではの低価格帯を実現し、運用時もソースコードが開かれているので、問題点をすみやかに解決に導くことができます。すべての業務を一元化できるメリットと比べると、コストパフォーマンスにも優れているのです。