Salesforceと同等機能でリーズナブルなオープンソース、vtiger CRM【FAQ】

2016年2月5日 金曜日


vtigerCRM最新情報

Salesforceと同等機能を持ちながらコストパフォマンスに優れており、各種モジュールでニーズに合わせたカスタマイズができるオープンソースvtiger CRM(ブイ タイガー シーアールエム)のセミナーから【FAQ】をご紹介します。

 

 

もっと知りたい方は、こちらへ

 

 

【Q】vtiger CRMでユーザ認証(AD連携/LDAP連携)は行えるか?

 

【A】

vtiger CRMでは、AD連携/LDAP連携とも設定は可能です。

ロールのカスタマイズも可能です。

vtiger CRMの特長を改めてご紹介すると、Salesforceと同等機能を持ちながらコストパフォマンスに優れており、各種モジュールでニーズに合わせたカスタマイズができるという点にあります。つまり中小企業向けに最適なシステムであるといえます。言い換えると数千万件を越えるデータ数は、このシステムに適しません。

データ数を照らしあわせながら、最適なシステムを選択していただくことをおすすめしています。

 

【Q】モジュールデザイナーで、カスタムロジックを組み込むことはできるか?

 

【A】

vtiger CRMの標準機能のみで作るのであれば、簡易的にフィールドを持ってきて、作りこむレベルになります。

本格的にカスタムロジックを組み込む場合は、アイティテラなどにご依頼いただき、新規に開発していくことになります。

 

news news vtiger   Salesforceと同等機能でリーズナブルなオープンソース、vtiger CRM【FAQ】

vtigerCRM最新情報

【Q】稟議書をワークフローで回すことはできるか?

 

【A】

有償、無償、さまざまなモジュールの組み合わせによって可能になります。

基本的なワークフローであれば、PDFメーカーで作った独自の申請書とワークフローデザイナー、さらに申請書のモジュールを組み合わせる手法があります。より複雑なワークフローであれば、アクティビティ(ワークフローエンジン)をJavaで開発して提供するといったことも行っています。

稟議書の仕様やレベルによってさまざまな手法がありますので、詳しくはご相談ください。

 

 

vtiger の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

 

vtiger についてもっと知りたい方は、こちらへ