オープンソース vtigerCRMで、リーズナブルに営業活動を「見える化」する 4-3

2015年6月26日 金曜日


vtigerCRM最新情報

SUMMARY

  • アイティテラのvtigerCRM導入事例は、企業固有の課題を解決するモジュール開発事例
  • vtigerCRM導入によって、それまで不鮮明だった代理店の営業活動が「見える化」した
  • アイティテラでは、vtigerCRMの導入から運用後の保守サポートまでワンストップで提供

 

vtigerCRM(ブイ タイガー シーアールエム)は、顧客管理から販売管理までをトータルで行えるオープンソースのCRMです。リーズナブルに本格的CRMシステムが活用できるvTigerの全体像を、営業活動を「見える化」することで業績が改善した事例も含めてご紹介します。

 

vtiger についてもっと知りたい方は、こちらへ

 

固有のニーズに合わせたモジュール開発で、企業の課題を解決

 

それでは、アイティテラのvtigerCRM導入事例を、まとめてご紹介します。

■A社様 (企業信用情報サービス)

アイティテラのカスタマイズ:専用日報モジュールの開発(営業日報(諸経費含む)からのデータ登録と、アラート情報の表示)

使用バージョン:5.1(一部の処理を5.3より移植)

-営業日報画面の追加(諸経費、車両走行距離の登録可能)及び週報のPDF出力

-営業アラート表示(ポータルに重要顧客へのコンタクト催促を表示)

-顧客担当一括割り当て機能の追加(多人数の担当交代に対応)

-予実管理機能の追加

■B社様 (インフラ管理)

アイティテラのカスタマイズ:ワークフロー機能のモディフィケーション(営業日報(交通費申請可)からの登録と、各種社内申請の機能を追加。)

使用バージョン:5.3

-営業日報画面の追加(交通費等の経費データも登録可能)

-社員情報管理機能追加

-社内書類申請機能追加(ワークフロー機能強化)

-経費申請機能追加(入金・出金伝票出力可)※Jasper使用

■C社様 (Webサービス)

アイティテラのカスタマイズ:問い合わせ・サポート依頼のモジュール開発(問い合わせメールのチケット変換と自動担当アサイン)

使用バージョン:6.1

-問い合わせのチケット変換と担当者自動アサインモジュールの開発。

-データへのKeyValu情報付加と他システムとのマスタとの連携

いずれも、企業様固有の課題に合わせたカスタマイズを行いました。すなわち、複数のメールアドレスからお客様の情報を管理をしたり、複雑なワークフローを設置したりといったようなカスタマイズです。

いずれの企業様も、vtigerCRM導入後、「業務が効率化した」、「業績がアップした」といううれしい声を頂戴しています。

 

news news vtiger   オープンソース vtigerCRMで、リーズナブルに営業活動を「見える化」する 4 3

vtigerCRM最新情報

 

本部が代理店を管理できるモジュールを開発したD社様の場合

 

vtigerCRM事例のなかから、業務改善されたD社様の事例について解説します。

■D社様(出版社)

アイティテラのカスタマイズ:本部が代理店を管理できるモジュール開発(代理店と営業活動管理及びミスクレーム管理)

使用バージョン:6.1

-代理店と顧客及び双方の活動管理(日報)モジュールの開発。

-ミスクレーム管理モジュールの開発

 

本部→代理店→顧客という一連のながれを統合的管理し、「見える化」を実現

 

D社様では、代理店が顧客に対して行う営業活動の管理が充分とはいえませんでした。本部と代理店との間で情報が共有されておらず、本部では代理店の状況が掌握できない状況だったのです。

D社様は顧客管理、営業管理システムの必要性を痛感していましたが、組織が「企業→顧客」というシンプルな構成ではなく、「本部→代理店→顧客」と、企業と顧客を結ぶ工程に代理店が入るため、システムの導入にはカスタマイズが必須条件でした。

アイティテラでは、カスタマイズ可能なvtigerCRMの導入を提案しました。vtigerCRM日本ローカライズ版に「本部→代理店→顧客」を結ぶためのアイティテラが独自に開発したアドオンモジュールを追加する提案を行ったのです。

これにより、D社様は、低コストによるシステムの導入を実現しました。

vtigerCRMの導入によって、「本部→代理店→顧客」という一連のながれを統合的に管理することができるようになり、さらには本部が代理店に対して行う営業活動も統合管理することができました。

これにより、地区ごと、代理店ごとに発生していた営業活動のばらつきが「見える化」され、本部が行うべきアクションが明確になりました。

合わせて代理店に対するクレームも統合管理したため、クレーム対応が迅速になり、顧客満足度があがりました。

vtigerCRMはPHP言語で作られていますので、社内にPHPのわかる方がいれば、社内で運用していただくことができます。実際、そういう企業様は少なからずいらっしゃいます。

もしvtigerCRMをベースに、業務に合わせたカスタマイズが必要だったり、カスタムモジュールを追加したいといった場合には、アイティテラの日本ローカライズ版をご利用いただければ、より快適にお使いいただくことができます。

アイティテラでは、vtigerCRMの導入から運用後の保守サポートまでワンストップでサービスをご提供しています。お気軽にお問い合わせください。

 

 

vtiger の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

 

vtiger についてもっと知りたい方は、こちらへ